宮崎メサイア合唱団のブログです

by miyazakimessiah
まだ先のことのように思っていましたが、なんともう明後日です。
宮崎メサイア合唱団が吉岡容子先生の指揮で初めて歌う演奏会です。
お出で下さる皆さんに少しでもよい演奏をお聴かせできるよう、
また、ご一緒に震災で被災された方々のことをお祈りできるよう心をこめて演奏したいと思います。
台風のことが気になりますが、ご都合がつきましたらぜひお出かけ下さい。

                       チャリティコンサート

             うた・いのり
                         いのり・うた

               ~東日本大震災に想いをよせて~
                                      主催:宮崎メサイア合唱団 

         a0189110_14171148.jpg

いのちを召された方々
今なお、そのおからだを見いだされずにいる方々の死を
心から悼み忘れぬことを…
そして有形無形のすべての困難の中にある方々のその苦難を
忘れぬことを…
そのために
「天よりのたまもの」である<歌>を通して
皆様と共に、想いと祈りを一つにできることを
願いまして…


      日時:2011年7月18日(月・祝) 午後2時より
     会場:日本聖公会宮崎聖三一教会 
           宮崎市霧島4-155 (駐車場が手狭ですので、公共交通機関をご利用下さい
           電話 0985-24-1423
     入場料:無料 (被災者支援のための献金箱を設けます)
     演奏:廣吉 里歌子(ソプラノ) ピアノ:北島 三央
         宮崎メサイア合唱団   ピアノ:昇高 やよい(宮崎メサイア合唱団伴奏者)
     合唱指揮:吉岡 容子
     演奏曲目:モ-ツアルト作曲 「アヴェ・ヴェルム・コルプス(まことのおからだ)」
               〃      「レクイエム」より「ラクリモーザ(その日は涙の日)」
               〃      「ミサハ短調」より「彼はおとめマリアより生まれ」
            ヘンデル作曲   「メサイア」より「わたしの贖いぬしは生きたもう」
            J・バンビー作曲  「ほしはいでて」
            他賛美歌など数曲


  廣吉 里歌子(ソプラノ)
   福岡女学院高校より愛知県立芸術大学、
   のちウイーン国立音楽大学卒業。ウイーンを中心に欧州一円で
   教会音楽やオペラ、リートの演奏家として長年を過ごし、
   2003年帰国後は福岡、東京を中心に演奏活動。
  北島 三央(ピアノ)
   福岡女学院高校から東京音楽大学ピアノ科卒業。
   第2回クラシック音楽コンクール特別賞受賞。
   福岡を中心に各種の演奏活動。
  吉岡 容子(合唱指揮)
   日本聖公会宮崎聖三一教会牧師。
   2011年より宮崎メサイア合唱団指揮者。
  宮崎メサイア合唱団 ピアノ伴奏 昇高 やよい
   2003年の<宮崎市民クリスマス>で結成された
   市内の教会のクリスチャン達から成る「合同聖歌隊」が前身。
   その後名称を「宮崎メサイア合唱団」と改め、
   最初の<メサイア・チャリティー演奏会>を佐土原総合文化センターで開く。
   以後、毎秋公演を重ね、昨年は6回目の演奏会を開いた。
   『メサイア』のみならず、バッハのカンタータや受難曲にも挑戦してきた。
   今年も12月の演奏会にむけて練習に励んでいる。
         演奏会お問い合わせ先  電話 0985-24-1423 (吉岡 牧師)
                         メール miyazakimessiah@excite.co.jp

日本聖公会宮崎聖三一教会 最寄りのバス停 下北方線 祇園3丁目
                             平和台線 霧島4丁目


[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-07-16 22:36 | 演奏会のご案内 | Trackback | Comments(0)

演奏会直前です

うた・いのり
 いのり・うた チャリティーコンサート

まで、あと1回の練習を残すまでとなりました。
前回の練習で…
「皆さん、長い合唱経験をお持ちなのだから、楽譜と指揮者両方を上手に見られるでしょう?」
と、指揮者がおっしゃいました。
今度の曲はそう何度も歌っている曲ではないので、楽譜から眼を離すことがでなかなか難しいですね。
楽譜ばかりを必死で見ていると、指揮者の手が止まっているのにも気づかず歌い続けてしまったり。
練習ならまだ許されます(?)が、演奏会で指揮者の指揮と合唱がちぐはぐでは…。
指揮者を見なくては。楽譜もよく見なくては。自宅で楽譜をよく見ておこうと思います。
あまり歌っていない曲であればあるほど、指揮者を見るのが大変大事なことになると思います。
そもそも、私たちは指揮者の指揮の下で歌うのですから。
と、偉そうに書きましたが、私も慣れない讃美歌の歌詞を追うのに必死になっています008.gif
演奏会まで残り1週間もありません。
16日の練習はもとより、自宅での自主練もぜひ!
そして、演奏会にお出で下さるお客様とともに、
震災で被害に遭われた方々のことを心からお祈りしましょう。

ところで、なんてことでしょう、台風がやってきます005.gif 
しかも今の進路予想では18日あたりが一番危なさそう007.gif
台風が逸れてくれることを願っています。
[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-07-13 16:44 | 連絡係のつぶやき | Trackback | Comments(0)

演奏会のお知らせです

               *2011年7月18日チャリティコンサートのお知らせはこちら

私たちメサイア合唱団の演奏会で、フラウトトラヴェルソやフルート、リコーダーなどの管楽器でご出演下さる
早川広志さんから、演奏会のお知らせをいただきました。
私たちの7月18日の演奏会の翌々日、会場は同じく宮崎聖三一教会です。
安部まりさんも「ヨハネ受難曲」抜粋演奏会の際、ソプラノアリアを歌って下さいました。
スピネットの音はどんな音色か、ぜひ聴いてみたいですね。
もちろん、早川さんのリコーダーや安部まりさんの演奏も楽しみです。
チラシです
a0189110_13161721.jpg


念のため、詳細をこちらに記しておきます。
Music for a while ~ ひとときの音楽
日時;7月20日(水) 午後7時~
会場;日本聖公会 宮崎聖三一教会
(宮崎市霧島4-155 Tel0985-24-1423)
出演;澤 朱里/スピネット(小型チェンバロ)
   安部 まり/ソプラノ
   早川 広志/リコーダー、トラヴェルソ
曲目;J.S.バッハ/アリア「まどろめ、疲れた目よ」
     〃  /フルートソナタ ホ短調
   G.フレスコバルディ/トッカータ
   A.ヴィヴァルディ/アリア「私はジャスミンの花」
   G.F.ヘンデル/ドイツアリア集より「燃えるバラ、大地の飾り」
   J.H.ルーマン/フルートソナタ 第6番
入場料;寸志(お客様のお考えでご自由な額をお入れください)
お問合せ;090-6427-0876 早川

早川さんからのコメントです
 ソプラノの安部さんと私のリコーダー/フルートを中心とした室内ア
ンサンブ「Music for a while」のシリーズで、今回はヨーロッパ諸国
のバロック音楽をお届けします。夏の夕べのひととき、どうぞお楽しみ
ください。
[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-07-06 13:17 | 演奏会のご案内 | Trackback | Comments(0)
                *2011年7月18日チャリティコンサートのお知らせはこちら

当ブログ宛に、下のようなメールが届きました。
ジョイントコンサート国際委員会からのご案内です。
ブログなので掲示板がないため、メールでご案内下さったようです。
とても魅力的な、時間とお金に余裕があれば私も参加したいような企画です。
ひょっとして、行きま~す!と思われる方がいらっしゃるかもしれないので、
とりあえずこちらにメールのコピーを貼りつけておきます。
お申込み、問い合わせなどは各自でお願いいたします。


宮崎メサイア合唱団の皆様へ

ザルツブルク・メサイア世界合唱祭2012のご案内

日増しに暑くなってまいりました。皆様にはお忙しくご活躍のこととお喜び申し上げます。
さて、私どもが日本の窓口となっていつもご案内させていただいております「メサイア世界合唱祭」
(毎年2月にヘンデル生誕地ドイツ・ハレで開催)について、2012年の日本からの参加者はすでに
定員に達しました。
今回はこれまでになく早期に定員に達してしまい、参加を考えておられた皆様には残念なことになりました。
そこで、ハレのメサイア世界合唱祭と姉妹関係をむすび、ハレ同様世界中から400名のシンガーを集め、
ザルツブルク大聖堂で盛大に開催される「ザルツブルク・メサイア世界合唱祭」をご紹介いたします。
ザルツブルク大聖堂はヨーロッパ最大のパイプオルガンを所蔵、1万人収容可能な大建築で、イタリア・
バロック様式を取り入れ1628年に完成したものです。ここではモーツアルトが洗礼を受け、カラヤンの
葬儀が行われました。
こちらの時期は4月ですので、寒さを心配することなく、世界中から参加のメサイアファンとの交流や
見どころの多いザルツブルクの観光を楽しむことができます。
最近募集が開始されました。日本人参加枠は20名と制限されておりますので、お早目にお申し込みいた
だくのがよろしいかと存じます。
つきましては、皆様に「ザルツブルク・メサイア世界合唱祭」の情報をお回しくださり、参加にご興味を
おもちのお方がいらっしゃいましたら、お早目にご連絡いただけますようお願い申し上げます。
概要は下記の通りです。
なお、第1回となる前回のザルツブルク・メサイア世界合唱祭2011の様子はYouTubeでご覧いただけます。

http://www.youtube.com/watch?v=EyIfENLwTW0

突然のご案内で失礼いたします。

ジョイントコンサート国際委員会

事務局長 垣沼佳則

http://www.jointconcert.com

jointcon@vesta.ocn.ne.jp

■ザルツブルク・メサイア世界合唱祭2012■

〇開催期間: 2012年4月12日(木)~4月15日(日) 4日間
○コンサート: 2012年4月14日(土)午後7時開演
・指 揮    Jan Steffen Bechtold
・オーケストラ Concertino Salzburg
・会 場    Salzburger Dom
○参加資格: 「メサイア」合唱経験者でしたらどなたでも参加できます。
楽譜はノヴェル出版のワトキンス・ショウ版を持参。1名から何名でも、あるいは合唱団単位での参加がきます。
○参加日程
1日目 4/11(水) 日本発(午前) 航空機でヨーロッパへ。ヨーロッパ内の都市で乗り換え
          ザルツブルク着(夕)着後、ホテルへ <ザルツブルク泊>
2日目 4/12(木) ザルツブルク滞在 午前、徒歩でザルツブルク市内見学(モーツァルト生家、大聖堂など)
  午後、自由行動 17:00リハーサル 20:30交流夕食会<ザルツブルク泊>
3日目 4/13(金) ザルツブルク滞在 午前、自由行動 13:00リハーサル 
19:00参加合唱団の親善コンサート鑑賞 <ザルツブルク滞在>
4日目 4/14(土) ザルツブルク滞在 10:00 ゲネプロ 午後、自由行動 19:00
メサイア演奏会 
終了後、打ち上げ交流会 <ザルツブルク滞在>
5日目 4/15(日) ザルツブルク発(朝)→ザルツカンマーグート→ウィーン着(夜)
専用バスで美しいザルツカンマーグート地方を見学しながら、音楽の都ウィーンへ <ウィーン泊>
6日目 4/16(月) ウィーン滞在  終日、ウィーン市内見学と自由行動 <ウィーン泊>
7日目 4/17(火) ウィーン発(午前) 航空機で帰国の途へ。途中ヨーロッパ内の都市で乗り換え <機中泊>
8日目 4/18(水) 日本着(午前)
○参加費用:288,000円
○催行人数: 20名プラス添乗員1名
○参加申込締切日 2011年9月末(ただし定員の20名に達し次第締め切らせていただきます。)
[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-06-27 10:00 | メンバーへのお知らせ | Trackback | Comments(0)
7月18日(月・祝)の演奏会のお知らせです。皆さん、どうぞお出かけ下さい。


                       チャリティコンサート

             うた・いのり
                         いのり・うた

               ~東日本大震災に想いをよせて~
                                      主催:宮崎メサイア合唱団 

         a0189110_14171148.jpg

いのちを召された方々
今なお、そのおからだを見いだされずにいる方々の死を
心から悼み忘れぬことを…
そして有形無形のすべての困難の中にある方々のその苦難を
忘れぬことを…
そのために
「天よりのたまもの」である<歌>を通して
皆様と共に、想いと祈りを一つにできることを
願いまして…


      日時:2011年7月18日(月・祝) 午後2時より
     会場:日本聖公会宮崎聖三一教会 
           宮崎市霧島4-155 (駐車場が手狭ですので、公共交通機関をご利用下さい
           電話 0985-24-1423
     入場料:無料 (被災者支援のための献金箱を設けます)
     演奏:廣吉 里歌子(ソプラノ) ピアノ:北島 三央
         宮崎メサイア合唱団   ピアノ:昇高 やよい(宮崎メサイア合唱団伴奏者)
     合唱指揮:吉岡 容子
     演奏曲目:モ-ツアルト作曲 「アヴェ・ヴェルム・コルプス(まことのおからだ)」
               〃      「レクイエム」より「ラクリモーザ(その日は涙の日)」
               〃      「ミサハ短調」より「彼はおとめマリアより生まれ」
            ヘンデル作曲   「メサイア」より「わたしの贖いぬしは生きたもう」
            J・バンビー作曲  「ほしはいでて」
            他賛美歌など数曲


  廣吉 里歌子(ソプラノ)
   福岡女学院高校より愛知県立芸術大学、
   のちウイーン国立音楽大学卒業。ウイーンを中心に欧州一円で
   教会音楽やオペラ、リートの演奏家として長年を過ごし、
   2003年帰国後は福岡、東京を中心に演奏活動。
  北島 三央(ピアノ)
   福岡女学院高校から東京音楽大学ピアノ科卒業。
   第2回クラシック音楽コンクール特別賞受賞。
   福岡を中心に各種の演奏活動。
  吉岡 容子(合唱指揮)
   日本聖公会宮崎聖三一教会牧師。
   2011年より宮崎メサイア合唱団指揮者。
  宮崎メサイア合唱団 ピアノ伴奏 昇高 やよい
   2003年の<宮崎市民クリスマス>で結成された
   市内の教会のクリスチャン達から成る「合同聖歌隊」が前身。
   その後名称を「宮崎メサイア合唱団」と改め、
   最初の<メサイア・チャリティー演奏会>を佐土原総合文化センターで開く。
   以後、毎秋公演を重ね、昨年は6回目の演奏会を開いた。
   『メサイア』のみならず、バッハのカンタータや受難曲にも挑戦してきた。
   今年も12月の演奏会にむけて練習に励んでいる。
         演奏会お問い合わせ先  電話 0985-24-1423 (吉岡 牧師)
                         メール miyazakimessiah@excite.co.jp

日本聖公会宮崎聖三一教会 最寄りのバス停 下北方線 祇園3丁目
                             平和台線 霧島4丁目


[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-06-19 14:56 | 演奏会のご案内 | Trackback | Comments(0)

宿題

ブログの更新、なかなか進まず申し訳ありません。
前回6月4日の練習での宿題です。…今頃008.gif
モーツァルトの曲、2曲の言葉の意味を、
いただいた対訳のプリントでよく確認してくださいということです。
私たちがいつも練習しているメサイアは英語ですが、
「アヴェ・ヴェルム・コルプス」と「ラクリモーザ」の歌詞はラテン語です。
馴染みのないラテン語ですが、
対訳を確認しながらその意味を少しでもわかって歌いたいと思います。

ところで、前回の練習でラクリモーザの音取りをしていただきましたが、
冒頭のアルトの音の動きがたいそう美しく、練習の後もしばらく頭の中を流れ続けていました。
自分のパートを歌うのに忙しく(?)、他のパートの音の流れをちゃんと聴くことをなかなかしません。
他のパートの音もしっかり聴かなくてはと思いました。
というか、そういう余裕を持って歌いたいなぁ…。

演奏会のチラシができました。
次回の練習時にお持ち帰りください。
[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-06-14 15:49 | 連絡係のつぶやき | Trackback | Comments(0)

7月の演奏会の練習

梅雨の走りで蒸し暑い と思っていたら、台風が来ますね025.gif
今年の夏に実施されるかもしれない計画停電の予行練習を今しておこうか…
と、私も家で我慢大会をしています。
でも、雨だと窓も開けられず、つい扇風機のスイッチに手が008.gif
この夏を無事に過ごすことができるでしょうか?

さてさて、7日の練習お疲れ様でした。
練習の簡単な復習は次回ということで、今回は7月の演奏会のことを。

4月16日の練習の際、合唱団の皆さまには代表からお話がありましたが、
7月18日に、この度の東日本大震災で亡くなられた方々の鎮魂と、
被災された方々を励ます祈りの演奏会(演奏会のタイトルは未定です)
を開催することになりました。
7月18日(月・海の日)、午後2時より 聖三一教会にて 入場無料
被災者支援募金のための献金箱も設ける予定です。
演奏曲目は、合唱の演奏が
モーツァルトのレクイエムから「ラクリモサ」
同じくモーツァルトの「アヴェ ヴェルム コルプス」
アルフレッド テニスン作詞 ジョセフ バーンビィ作曲 「ほしはいでて」
その他、讃美歌です。
いずれもピアノ伴奏です。
ソプラノの独唱もありますが、演奏会の詳細はまた改めてご案内いたします。

7日の練習の際お話ししました、
演奏会で歌う曲の自主練習用に役立つサイトをご紹介します。

ChoralWiki
http://www3.cpdl.org/wiki/index.php/Main_Page 

合唱曲の楽譜やデモ曲がダウンロードできるサイトです。
作曲家名や曲名で検索すると、たくさん表示されるので、
その中から自分が探しているものに合うものを探します。
外部のサイトに移動することもありますが、ほとんど無料でダウンロードできます。
モーツァルトの「Ave verum corpus」 は、下のURLです。
http://www3.cpdl.org/wiki/index.php/Ave_verum_corpus,_KV_618_(Wolfgang_Amadeus_Mozart)
このページの
Full scores 
CPDL #00458: Finale 1998
の黄色いスピーカーをクリックすると伴奏つきの音がでます。

「ほしはいでて」(原題「Crossing the bar」 Alfred Tennyson作詞  Joseph Barnby作曲)
http://www2.cpdl.org/wiki/index.php/Crossing_the_Bar_(Joseph_Barnby)
こちらも黄色のスピーカーをぽちっと押すとオルガン風の曲が流れます。

モーツァルトのレクイエム 「ラクリモサ」は、メサイアの音取りでもお世話になっている
小川与半さんの バッハSMFライブラリ で各パート分けした音を聴くことができます。
http://www.interq.or.jp/classic/ogawa-yh/
バッハのカンタータや受難曲をメインに、メサイアやモーツァルトのレクイエムも
練習用の音源として作って下さっています。
大変ありがたく、重宝させていただいているサイトです。
モーツァルトのレクイエムのURLはこちらです。
http://www.interq.or.jp/classic/ogawa-yh/foy_KV626/poy_KV626.html
ページ上部はオケ用、下が合唱用です。
先日の世界フィギュア選手権のエキシビジョンで安藤美姫選手がこの曲を使って演技していましたね。
大変美しい曲で、この「涙の日」を私たちも心をこめて歌うことができたらと思います。

これから先の練習予定ですが、6月まではメサイアと演奏会の曲の練習を。
7月は毎週(2、9、16日)演奏会の曲だけを練習します。
ご予定の方、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-05-10 20:48 | メンバーへのお知らせ | Trackback | Comments(0)
ずいぶん長い間ブログの更新を怠っておりました。申し訳ありません。
前回の記事の後、日笠山先生も無事に札幌へ向けて出発され、
日本福音ルーテル札幌教会に就任されたようです。
転任のご挨拶状をいただきました。
宮崎メサイア合唱団の皆さんによろしくお伝えください とのことです。
札幌でも日笠山先生指揮のメサイアが演奏される日が来るといいですね。
その時はぜひ皆で聴きに行きましょう!…ちょっと遠いけど006.gif

さてさて、私たちのメサイアの練習も第二部に入り、昨日は受難部のクライマックスともいえそうな
28番「He trusted in God」を練習しました。
Heとhimがたくさん出てきますが、それぞれ誰のことを指しているのか、
歌詞の内容を理解していないと、わからないままやたらHeやらhimと歌ってしまうことになります。
またこの曲は、十字架につけられたイエスを蔑み、揶揄し嘲笑する民衆になりきって
歌わなくてはなりませんが、どうやらまだ私たちは優し過ぎるようですよ。
その他、delighitのt、himのmをはっきりと出すように、delighitにたくさんの音が付いている場合は、
最後の音にtを書きこんでおいて下さい とのことです。これが今回の宿題です。
次回の練習は5月7日です。
3週間の間がありますので、どうぞお忘れなく、時々はメサイアの楽譜も開いて眺めて見て下さい。
大型連休が入るのでそんな時間が取れるか、逆にそんな時間は取れないか…どうでしょうね。

ところで、7月に小さな演奏会を開くことになりました。
詳しいことはまたお知らせしますが、昨日は演奏予定の曲を1曲練習しました。
アルフレッド・テニスン(Alfred Tennyson )の詩にジョゼフ・バーンビー(Joseph Barnby )が
作曲したものです。
大変美しい曲で、私は初めて聴いて初めて歌いましたがすっかり好きになりました。
皆さん如何でしたか?
これからも、他に歌う曲を練習していきます。お楽しみに~001.gif
[PR]
# by miyazakimessiah | 2011-04-17 15:35 | メンバーへのお知らせ | Trackback | Comments(0)